2013/11/01

11月1日は本格焼酎の日。

皆さんこんにちは。いよいよ11月になりました。

鹿児島は最近になってやっと、朝晩涼しい風が吹き、秋らしさを感じられるようになりました。

ここ最近の日置蒸溜蔵の出来事はというと・・・

自社農園「小鶴農園」や、生産農家の東馬場農場でのさつまいもの収穫や

たくさんの蔵見学のお客さまや、地元の中学生達が職場体験学習の一環で

瓶詰ラインでの作業や、ラベルの手仕上げ、芋掘りなどのお手伝いをしてくれたりと

1年の中で最も、活気づいた蔵で今年のいも焼酎造りに励んでおります。

さて、今日11月11日は「本格焼酎の日」

なぜこの日が本格焼酎の日として定められているかご存知でしょうか?

それは・・・

昭和62年9月に、九州で開かれた本格焼酎業者会の中で、本格焼酎を広く

アピールする為にこの節日が制定されました。

毎年、8月〜9月頃に蔵元では焼酎造りが始まり、その年の新酒が飲める様になるのが

だいたい11月1日前後でるということから「本格焼酎の日」と定められたわけです。

また、10月は一般的に神無月と言われますよね。

この月は出雲大社に全国お神様が集まって、1年の行事を話し合うため

出雲以外には神様が居なくなる、そのことから神無月。

そして11月1日はその神様がお国へ帰るおめでたい日にあたり

本格焼酎が毎年新しい芽を出す節日として相応しい、とされ選ばれたのだとか・・・。

皆さんが感じる本格焼酎の魅力とはどのうようなものがありますか?

人それぞれであるかと思いますが、その1つとして、

“本格焼酎はウィスキーやブランデーなどと同じ蒸留酒として唯一、新酒の状態で飲めるお酒”

という魅力があります。

貯蔵・熟成された焼酎ももちろん美味しいですが

新酒においても、より華やかな香りと新鮮な旨み、まさにこの季節だけしか

味わうことのできない美味しさえを楽しむことができます。

是非、今日「本格焼酎の日」は

どんな焼酎があるのかな?どんな飲み方が美味しいかな?たまには酒器にこだわってみようかな?

などなど、自分なりの楽しみ方で本格焼酎の魅力を感じてみてはいかがでしょうか。

1件の記事

カレンダー

<< 2013年11月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事一覧

2017/06/20
梅酒の仕込みが始まりました new!
2017/05/15
芋の苗植え研修が行われました!
2017/05/02
GW 焼酎試飲会について
2017/04/21
優秀広告賞を受賞致しました!
2017/04/20
芋の苗植えが始まっています

検索

キーワード

ジャンル選択

ページの先頭へ