商品紹介一覧へ

    • 鹿児島限定

さつま小鶴 西郷徳利

さつま小鶴 西郷徳利

明治維新の立役者の一人である西郷隆盛を表現した美濃焼の徳利に、さつま芋の豊かな香りとすっきりした味わいの白麹製本格芋焼酎を詰めました。今日の日本の礎となった激動の幕末・明治維新に想いを馳せながらお楽しみください。

さつま小鶴 西郷徳利

西郷隆盛とは

文政10年(1827)、鹿児島市加治屋町に下級武士の子として生まれました。斉彬に「薩国の貴重の大宝」と厚い信頼を寄せられ、幕末から維新にかけて激動する歴史の舞台で、活躍した明治維新の功労者。陸軍元帥、明治10年(1877)私学校の生徒らにおされておこした西南の役に破れ、城山の露と消えました。

さつま小鶴 西郷徳利のこだわり

  • 黄金千貫を使用

    焼酎づくりによく用いられるさつま芋の品種に「黄金千貫(こがねせんがん)」があります。 豊富に含まれるデンプン質が、芋焼酎に最適なのです。 さつま小鶴西郷徳利では厳選した黄金千貫のみを原材料として使用しています。

    香りすっきり、ほのかな甘さ
  • 白麹を使用

    焼酎づくりは、一に麹です。麹を上手く仕込めるかによって、焼酎の味が決まるとも言われています。白麹で焼酎を作ると、まろやかでやわらかい印象の焼酎に仕上がります。

  • 味わい・香り

    さつま小鶴西郷徳利は、さつま芋の豊かな香りと白麹のすっきりした味わいがお楽しみいただけます。

    香りすっきり、ほのかな甘さ

贈り物に最適な一本

さつま小鶴 西郷徳利は、贈り物にお勧めです


鹿児島限定

さつま小鶴 西郷徳利は、
鹿児島限定です。

 

徳利と化粧箱

西郷隆盛を表現した美濃焼の徳利
さらに専用の化粧箱入り。

さつま小鶴 西郷徳利


おすすめの飲み方

さつま小鶴 西郷徳利は、ロック・ストレート・ソーダ割りのいずれかでお楽しみ下さい。

  • お湯割りで楽しむ

    本場鹿児島では「焼酎6:お湯4」を”ロクヨン”、「焼酎5:お湯5」を”ゴウゴウ”と呼び、親しまれています。アルコール度数25度の焼酎を”ロクヨン”でつくると約15度になり、一般的な清酒のアルコール度数に近づきます。呑む人の体調に合わせて、自由に濃さを調節できるのも焼酎の特長です。ちなみに、お湯割りをつくるときは先にお湯をグラスに注ぎ、次に焼酎を加えるのが基本の流儀となっています。この方法だと、アルコールとお湯の比重の違いによって、かきまぜなくてもうまく馴染むといわれてます。

    さつま小鶴 西郷徳利をお湯割りで楽しむ
  • ロックで楽しむ

    ロックでは、キレのある味わいをお楽しみいただけます。氷が入ったグラスに焼酎を注いだ直後はストレートに近い味わいがあり、氷が溶けるにつれて飲みやすい水割りに変化します。もちろん、氷は天然水(軟水)などで作った氷が最適です。

    さつま小鶴 西郷徳利をロックで楽しむ
  • 水割りで楽しむ

    水割りでは、やわらかな味わいをお楽しみいただけます。つくるときはお湯割りと反対で、”焼酎を先”にグラスに注ぎます。これは、お湯割りと同じ原理でグラス内で対流を起こすためです。焼酎より比重が高い水がグラスの下の方の沈み、焼酎が上へと昇ることでうまく混ざり合います。水割りに使う水は、天然水(軟水)がおすすめです。

    さつま小鶴 西郷徳利を水割りで楽しむ

さつま小鶴 西郷徳利

さつま小鶴 西郷徳利

▼ さつま小鶴 西郷徳利

購入はこちらから!


ラインナップ

720ml

原材料

さつま芋・米麹(国産米)

アルコール度数

25度

商品紹介一覧へ

ページの先頭へ