【鹿児島】 さくら咲

今回は鹿児島市の騎射場にある「さくら咲」様をご紹介致します。

12年の歴史を持つこのお店ですが、今年の4月5日に天文館から現在の騎射場のお店へ移転しました。市電の騎射場電停前という絶好の立地です。

エレベーターで2階に移動すると、外の喧騒を忘れさせてくれる落ち着いた雰囲気が広がっています。席数は35席あり、個室も用意されています。

ありがたいことに焼酎のメニューはほぼ当社の赤猿小鶴黄麹が中心です。

厨房の中では料理人の皆さんが腕をふるいます。一番奥にいらっしゃるのがご主人です。

メニューは日替わりのものから定番のものまで数多く揃っています。魚介類からお肉まで幅広いラインナップです。今から楽しみですね。

それではいよいよお料理の紹介に参りましょう。まずは刺身の盛り合わせです。

今回はタカエビ、カンパチ、タイ、イカ、マグロ、ウニ、そして締めたサンマです。締めサバはよく聞きますが、締めサンマはなかなか耳にしませんよね。とにかく脂が乗っています。サンマの風味を口いっぱいに味わうことができる逸品ですので、塩焼き以外になじみの無い方にもおすすめです。

次からはお肉のメニュー3連発と参りましょう。まずは写真をご覧下さい。

見ただけでお腹が膨れそうなボリュームですね。こちらは最近出た新メニューで、鶏の胸肉を油淋鶏風に仕上げたものです。サクッとした食感とジューシーな味わいが特徴です。

お肉のメニュー2つ目はポークジンジャーです。食べ応え十分で思わず白いご飯が欲しくなりました。

そしてトリを飾る3つ目はさくら咲様一押しの牛タンと黒豚野菜巻の炭火焼です。

規制あって国産では商品化できない1歳未満の乳飲み牛の牛タンをわざわざオーストラリア取り寄せてから使用しています。「どうにかしてこの柔らかい牛タンをお客様に提供したい」というご主人の熱意が表れています。その牛タンを味わいましたが、おっしゃるとおり柔らかく癖のない味わいです。

黒豚の野菜巻きはパプリカ・エリンギ・トマト・水菜などの野菜を黒豚で巻いたものです。お肉と同時にお野菜もたくさん食べられますので、健康志向の方にはもってこいです。

なお、3階は40名を収容できるパーティールームとなっています。ゆったりと過ごせるお部屋となっており、各種イベントや結婚式の2次会などに利用してみてはいかがでしょうか。

また、完全予約制でお弁当も提供していますので詳しくはホームページをご覧下さい。

気品漂うお店でお腹も心も大満足でした。「さくら咲」の皆さん、今回は素敵なひとときを本当にありがとうございました。

お店情報
店名:さくら咲
住所:鹿児島市荒田二丁目76-8 さくら咲ビル2・3階
電話:099-254-3191  
営業時間:18:00〜23:30(ラストオーダーは22:30)
ホームページ:http://sakurasaku-sfs.jp/ 
今回紹介したメニュー:刺身盛り合わせ(2人前) 1,580円〜/ポークジンジャー 680円/牛タンと黒豚野菜巻5種炭火焼 1,700円/黒豚の野菜巻(単品) 各180円

【大阪】 千万喜 中之島店

今回ご紹介するお店は、大阪中之島に昨年末にオープンしたお洒落スポット

フェスティバルタワーの中にある『さぬきうどん千万喜(ちまき) 中之島店』さんです。      

千万喜さんは昼から夜まで年中無休で営業されており

いつでも思い立った時に足を運べるのも魅力のひとつですね。

お昼は自家製麺のセルフうどん、夜はそれにプラスして      
うどんすき、鍋、串カツなどの一品料理を提供していただけます。      

千万喜さんでメインで取り扱っていただいている芋焼酎は『小鶴くろ
ボトルキープ棚にはズラリと小鶴くろが!こんなに沢山並んでいますよ〜。 

たくさんのお客様にご愛飲いただいているようで嬉しいです。

まずは、小鶴くろで乾杯です!

まだまだ残暑厳しい夏の終わりの夜には、やはりスッキリと水割りがおすすめ。
ゴクりと、グラスがすすみます!! 

次に、お料理をご紹介!まずは、千万喜さんの看板メニューのうどんから。
こちらは『肉玉』!! 生醤油かけて半熟卵を絡めていただきます。

コシがあり、もっちもち!そして、つややかな麺は見た目にも美しいですね。

とてもシンプルですが、食べたらやみつきになる美味しさです。

そして、やはり大阪といえば『串カツ』!

千万喜さんではうどんだけではなく、お酒のお供にぴったりのメニューも充実。

揚げたて、サックサク。中はとってもジューシーです。串カツは本当に焼酎との相性抜群!

お好きな具材の串カツをオーダーしてみてくださいね。

串カツに合わせて箸休めに、サラダをオーダー。

女性にも嬉しいサラダメニューもとっても充実しています。


今回は『シーザーサラダ』さっぱりしてとてもヘルシー。


こちらは『酢豚』

柔らかジューシーなお肉に絡んだ餡は、程よい酸味があり食欲をそそります。

たっぷり入ったシャキシャキ野菜とのコラボも絶妙です。
酢豚のように、酸味がありながらも甘い味付けのお料理は焼酎との相性もとっても良いんですよ。

    

夜はお仕事帰りのサラリーマンで賑わうお店です。
外からも明るい店内が見えて、大人数でもお一人でも気軽に入れる雰囲気のお店。お

近くの方はぜひなじみのお店にしてみては!

お店情報
店名:千万喜 中之島店
住所:大阪府大阪市北区中之島2-3-18 フェスティバルタワー プラザ B1F
電話:06-4708-3990
営業時間:月〜金 11:00〜23:00(L.O.22:00) 土・日・祝 11:00〜21:00
定休日:年中無休
席数: 50席

【福岡】 福岡ホルモンセンターえん

今回ご紹介させていただくお店は、福岡の繁華街中洲の川を渡った隣、春吉にある       
「福岡食肉ホルモンセンターえん」をご紹介いたします。       
       
このえんさん、その日の仕入れたものは必ずその日のうちに使い切る・・・。といった       
とにかく新鮮なものしか扱っていない「市場直送!!」「新鮮第一!!」のお店です。       
もちろん、お値段も食肉卸のお店だから美味しいお肉が激安!!!です♪       
交通アクセスも良く最寄駅から徒歩5分でいけます。       
国体道路沿い、パノラマスクエア博多ビルの2階にあるので、看板を目印に早速行ってみましょー♪♪

店内に入るとモダンでおしゃれな空間に、思わずここホルモン屋さん???と驚きます。
空間にライトアップされた店内が女性客にも人気の理由も納得です。
もちろん無煙グリルなので、落ち着いた店内でゆっくりとホルモンを堪能しましょう!

お1人様でもくつろげるカウンターもあり、店内総席数は30席あります。
掘りごたつのお座敷もあり、もちろんテーブル席と様々な人数に対応して頂けます。

ここのすごいところは、カウンターでも無煙で食べられること。
店長のこだわりを感じますね☆
それでは、えんさん自慢のお品書きをご紹介しま〜す♬

見て下さい!このお品書き!!何を食べようか、選ぶ楽しさにも大満足の品揃えです。
春吉でこの価格はとっても魅力的です。

ホルモンへのこだわりがメニューから伺われます!!
耳にしたことが無い部位がたくさんあります。

全て新鮮なホルモンです!

スタッフの方が丁寧に部位を教えてくれます。
なんでも聞いてみましょう♪

続きましては、お肉のご紹介です☆

ホルモンセンターえんさんに来たら絶対食べてみるべし!の一品が「ればテキ」です。
感謝感激のお値段にもびっくり!!

レバーの表面に軽く火を通し、たっぷりのねぎ。なんと言うことでしょう!!!
レーバーの旨さがたまない!たまねぎのしゃきしゃき感。とても最高!!!
思わず2皿注文しました。(価格なんと1皿200円)

続きましてはおススメの「豚タン一本焼き」です。
「当店イチオシ」と黒板に書かれております・・・週末にはなくなってしまう人気メニューなので早いもの勝ちです。
お塩とブラックペッパーで下味が付いていて、食べ頃になったらハサミで厚切り豪快に切っていざ!
新鮮な豚タンの触感が牛のタンとは全く違って、タン好きにはたまりません!
スタッフの方に伺ったのですが、豚の舌は10pくらいあるそうですよ。


次のお肉は「黒毛和牛霜降りロース」です。もちろんおススメ鉄板メニューです。
甘くて美味しい肉汁がたっぷり♪間違いない美味しさ!

お1人様2人前までとなってます。安くて新鮮なロースをぜひご堪能下さい。



次のおススメは盛りだくさんのホルモン「八種盛り」です。
ホルモンのいい部位ばかりの欲張り盛りです。ボイルしたホルモンにお塩・ゴマ油・味噌で味付けしてあるので
お好みですが、タレを全く使うことがなくホルモンの素材を楽しめる魅力の盛り合わせです。
小鶴くろとの相性もバッチリ!焼酎がぐいぐいっと進む味わいです。

この八種盛りのご紹介の

どぶえ(声帯)・ハツ(心臓)・仔袋(子宮)・てっぽう(直腸)

ツラミ(ほほ肉)・ちれ(脾臓)・白物(大腸)・ギアラ(牛)です。

「福岡ホルモンセンターえん」様では、小鶴くろ小鶴黄麹のほか、

こだわり芋焼酎・蔵の師魂をお楽しみいただくことができます。
新鮮なホルモンと共に、芋焼酎片手にすてきな夜を過ごしてみてくださいね。

お店情報
店名:福岡ホルモンセンターえん
住所:福岡市中央区春吉3−11−19バノラマスクエア博多2F
電話:092−717−3915
開店時間:18:00〜翌3:00(L.O2:30)

【鹿児島】 甲南まん○や

今回は鹿児島市の上之園町にある「甲南 まん○(まる)や」様をご紹介致します。

もともとは荒田2丁目に本店があるのですが、5月24日(金)に2号店となるこちらのお店がオープン致しました。

ちなみに1号店も含めた情報はこちらにアクセスして下さい。  

http://www.manmaruya-kagoshima.jp/index.html 

取材当日は多くのお客様でにぎわっていました。できたてのお店でフレッシュな雰囲気が漂っており、店員さんの活気もみなぎっていました。

驚いたのは日替わりメニューの多さです。多彩なメニューが用意されています。

これは期待が高まります。もちろんレギュラーメニューも充実していますよ。

それではいよいよお料理の紹介に参りましょう。

まずは「豪快 刺身盛り」です。

名前の通り豪快な内容となっております。お店の自信が伝わってきますね。今回特に感動したのはマグロの大トロです。脂の旨味を存分に味わうことができます。当然どのネタを取っても新鮮ですので最後まで楽しめます。

 

魚の真子と白子のしぐれ煮は食感が明太子のような感じです。ちなみに真子とは卵巣のことで、明太子も真子の一種です。さっぱりとした風味です。

海鮮ピザは日替わりで具材が違います。今回はタコとエビでした。こちらは王道のシーフードピザです。

 

鹿児島ではお馴染みの“きびなご” 鹿児島ではお刺身で楽しむこともありますが

唐揚げにしても、とても美味しいです。食べ慣れたホッとする鹿児島の味。

その他にもあらかぶ(カサゴ)の唐揚げやカンパチの竜田揚げなど

カリカリサクサクと香ばしく、身はふっくらとしたお刺身とは違う味わいがです。丸ごと頂けます。

 

 

トリを飾るのは本マグロの握りです。もちろん出てきたのは全て大トロです。

お刺身でも十分美味しい大トロが握り寿司になるとパワーアップします。

口に入れたら幸せになること確実です。ネタとシャリとの一体感をぜひ心行くまで味わって下さい。

本店ではランチメニューもありますが、こちらの2号店でも近々開始する予定です。楽しみに待ちたいですね。

お店の皆さん、今回は素敵なひとときを本当にありがとうございました。

【今回紹介したメニュー】

豪快刺身盛り 1,980円

きびなごの唐揚げ 580円

魚の真子と白子しぐれ煮 380円

本まぐろ にぎり 1,800円

お店情報
店名:甲南 まん○や
住所:鹿児島県鹿児島市上之園町24-28
電話:099-204-9101
営業時間:17:30〜22:30(ラストオーダーは22:00)
定休日:毎週月曜日

*********************************************
店名:騎射場 まん○や(本店)
住所:鹿児島市荒田二丁目34-4
電話:099-297-6088
営業時間:平日 17:30〜22:30(ラストオーダーは22:00)
日曜・祝日 17:30〜22:00(ラストオーダーは21:30)
昼は11:30〜13:30(日曜・祝日も営業しています)
定休日:毎週水曜日

【東京】 炭火焼鳥 無門

今回ご紹介するお店は、東京都江東区門前仲町にあります
『炭火焼鳥 無門(むもん)」さんです。
ここ門前仲町は、古くから門前町として栄えてきたそうです。
近隣には富岡八幡宮や深川不動堂がありその周囲は
お店が軒並み連ねて活気のある街です。
それではおじゃまいたしま〜す!(^^)!

無門さんは、焼鳥がメインの居酒屋さん。
店主は銀座の焼鳥屋で修行をされ、焼鳥に対する情熱
焼き方への半端ない情熱を持った方です。


一本一本を丁寧に串に刺し、そして備長炭で丁寧に焼き上げるその姿は
まさに職人さん!!とても魅了されます。
プチ情報ですが、学生時代はラガーマン!!スクラムハーフでプレーしてたそうです☆


無門さんでお取扱いいただいている芋焼酎は『かめ壺貯蔵 蔵の師魂
店主は元々焼酎は苦手な方だったのですが、 『蔵の師魂』を初めて飲んだ時に
『旨い!!』と感じ、それ以来店主のお気に入りは『蔵の師魂』とのこと。


店内はカウンター8席、4名掛けテーブル席3つです。
平日は翌2:00までやっていて、地元の方なじみのお店です。

まずはお店の表看板に掲げられている『伝説のポテトサラダ』をいただきま〜す!!

この感覚は・・・すごくクリーミーで繊細な味わい!!
看板を出している意味が分かりますね(^o^)

続いて、左から『鳥わさ』に『ダシ巻玉子』。ほど良く山葵が効いていて
焼酎とのコラボを演出してくれます。
『出し巻き玉子』は店主おススメ!!
ふんわりとした仕上がりに、ついつい箸が進んでました(笑)

これから店主の気持ちが乗った焼鳥をどんどんご紹介いたします。 
左から『つくね』『ぼんじり』『ハツ』

『うずらの玉子』『せせり』『砂肝』です。塩味加減も焼き加減も本当に最高で旨い!!
店主の焼き方への情熱とこだわりが伝わってきます。
特に『つくね』はふんわり優しい触感で、おすすめの一串です。

気づけば今日も店内はお客さんで満席!!ご予約はお早めに!!
今日は、おいしい焼鳥と蔵の師魂、そして無門さんの皆様の
おもてなしを愉しませていただきました。
無門の皆様、お忙しい中ご協力をいただきましてありがとうございました。
皆さんも是非“なじみ”のお店にしてみてはいかがでしょうか!(^^)!

お店情報
店名: 炭火焼鳥 無門(むもん)
住所: 東京都江東区富岡1-12-7 深野ビル1F
TEL: 03-6458-5751
営業時間: 月〜土 17:30〜翌2:00/祝日   17:30〜12:00
定休日:日曜日/祝日と重なる月曜日
カウンター8席/4名掛けテーブル3つ
アクセス:門前仲町1番出口徒歩1分

【大阪】 焼肉の店 飛鳥

今回は、大阪のアメリカ村三角公園から徒歩1分の、焼肉の店「飛鳥」さんへ。
突然の取材依頼も快く受けていただきまして、ありがとうございます。

この土地で42年商売をされている、歴史あるお店です。
今では若者の街となっているアメリカ村(通称:アメ村)ですが
開店当時の周辺は川が通っていたとの事。
取材当日は平日だった為、三角公園は人がまばらでした。

ではさっそく、お邪魔します。
店内に入ると、びっくり!!「小鶴くろ」を、ズラ〜と並べて頂いています。
たくさんのお客様にご愛飲頂けているようで嬉しいです。

マスターと共に店内で1枚。家庭的でおちつく雰囲気の店内は
カウンター席のほかに、テーブル席もあります。
数年前までは、そば焼酎がほとんどで芋焼酎は並べていなかったとのこと。
最近では芋焼酎を頼まれる人がほとんどで、芋焼酎は「小鶴くろ」を味わって頂いています。

今日は、「小鶴くろ」を飲みながら、おいしい焼肉を頂きたいと思います。

まず始めはネギ塩カルビをレモンでさっぱりと!
ネギを包んでささっと反面焼けばもう食べごろです。

カルビのジューシーな味わいをネギの香りとレモンでさっぱりとさせてくれ
焼酎との相性も抜群です。

中盤は、「バラ」「てっちゃん」「焼き野菜」を頂きました。
焼き野菜も、ボリュームがあり、素材の味を存分に味わえます。
特に「玉ねぎ」は焼いて食べると甘みが増して、とても美味しかったです。

「てっちゃん」はホルモンの王道ですね!
噛めば噛むほど味がジュワ〜と染みだして、味わい深いです。
「バラ」はとってもジューシー。白ご飯との相性も良さそうです。
バラ肉はお昼のランチ時にもオススメですよ。

最後に上ロースをチシャで巻いてシメさせて頂きました。
ご飯がほしくなる逸品ですが、美味しいお肉でお腹一杯になってしいました。
是非、みなさんも、焼肉の店「飛鳥」さんへお越し下さい。
「本日は取材にご協力頂きありがとうございました」

お店情報
店名:焼肉の店 飛鳥
住所:大阪市西区南堀江1−1−2
TEL:06-6541-5691
営業時間:11:30〜14:00 17:30〜22:30
ページの先頭へ