西郷徳利:鹿児島めぐりの旅詳細

2018/02/26 08:40 #008 番外編:タイの旅

西郷徳利が行く鹿児島めぐりの旅
『西郷徳利が行く 鹿児島めぐりの旅』
第8回はなんと番外編! 西郷徳利はタイへ行ってまいりました。

西郷徳利タイへ行く



寺院や遺跡が盛りだくさん

今回、西郷徳利は日本から直線距離にして約4314kmのタイへ。
こんなに旅している徳利はなかなかないですよ!

まず、タイと聞いて連想するのが寺院遺跡ではないでしょうか。
亜熱帯の植物の中に幻のように浮かぶ遺跡のシルエットは幻想的です。

タイに行った際には必ず訪れる「ワット・ポー涅槃像」その黄金色の輝きと圧倒的な大きさに感動します。

ワット・ポー涅槃像

ワット・ポー涅槃像

涅槃仏とは、釈迦が悟りを開き、涅槃へと旅立つ前の姿を表現したものと言われています。
涅槃仏を拝観する際には、頭部から足(全身)、そして足裏、背後という順路で回って行きます。
天井の模様や壁画も見どころ満載です。


次に訪れたのが、映画「戦場にかける橋」で有名になった「カンチャナブリー」

タイ・戦場に架ける橋

タイ・戦場に架ける橋

クウェー・ヤイ川に架かる全長250メートルのクウェー川鉄橋は、日本軍が敷設した泰緬鉄道が通る橋。
映画「戦場に架ける橋」の舞台になったことでもよく知られています。


ワット・ワイ・チャイ・モンコン

ワット・ワイ・チャイ・モンコンは、1357年、アユタヤを建都した初代ウートン王がセイロン(現スリランカ)に留学中の修行僧たちの瞑想のために建てた寺院です。
たくさんの仏像に溶け込むように並んでみました。
ちょっとだけ悟りが開けたような気が・・・


ワット・マハタート、以前日本のテレビ番組で紹介され一躍有名になった場所です。

 ワット・マハタート

かつては塔の頂上が黄金に輝いていた寺院などもビルマ軍の侵略により廃墟と化し、今は木の根の間に埋もれた仏像の頭や、頭部がない仏像、崩れ落ちたレンガの壁や礼拝堂の土台が残るのみとなっています。


最後に訪れたのがワット・プラシー・サンセットです。

ワット・プラシー・サンセット

アユタヤ王宮内にあった最も重要な寺院です。
寺院のシンボルは、東西に並ぶ3基の仏塔で、それぞれにトライローカナート王(1448〜1488年)とその王子らの遺骨が納められていたと言われています。



魅惑の国タイ!短い時間ではありましたが、満喫することができました。
料理もスパイシーで個性にあふれています。

タイ料理


訪れる際には、ぜひ遺跡巡り、グルメ巡りを楽しんでください。


番外編ということで、西郷徳利は鹿児島ラーメン王選手権にも行ってまいりました!

鹿児島ラーメン王選手権・西郷徳利

鹿児島ラーメン王選手権・西郷徳利

第4回目となる今回は18店舗が参戦して鹿児島ラーメン王を争いました。

鹿児島ラーメン王選手権・西郷徳利

会場は物凄い人手。大盛況ですね。
3日間で約16万人が来場したそうです!

鹿児島ラーメン王選手権・西郷徳利

今回、1位に輝いたのは鹿児島市山田町にある「五郎家」さん。
おめでとうございます!

美味しいラーメンを求めて、いろんなラーメン屋さんに行ってみたいものですね。


■次回 … #009 照国神社



■タイ王国

https://www.thailandtravel.or.jp/

 

前へ  |  次へ   | 一覧

 

カレンダー

<< 2018年7月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ


RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
ページの先頭へ