西郷徳利:鹿児島めぐりの旅詳細

2018/01/16 08:30 #002 仙厳園

西郷徳利が行く鹿児島めぐりの旅


第2回目を迎えました『西郷徳利が行く 鹿児島めぐりの旅』
今回は、大河ドラマ「西郷どん」の初回放送のロケも行われた、鹿児島市吉野町の仙厳園に行ってまいりました。



薩摩藩主・島津家の別邸 仙厳園

仙厳園は、代々の薩摩藩主である島津家の別邸として、1658年(万治元年)に第19代当主であった島津光久によって建てられました。
鹿児島県民からは磯庭園とも呼ばれています。


仙厳園島津家別邸


現在は観光地として開放され、一年中にぎわっています。
御殿の周りには高低差のある庭や反射炉・尚古集成館など見どころがたくさんあるので、話題を何回かに分けてお届けする予定なのですが、
今回は、グ・ル・メ!
鹿児島のグルメは美味しいものがたくさんありますよ!

取材日は悪天候の晴れ間を狙って向かいましたが、尚古集成館はお休みで入れず、仙厳園に入ったとたんに雹(ひょう)のお出迎え。
スタートはお土産屋さんの軒先で雨宿りとなりました。


尚古集成館仙厳園


動けないままどうしようかと迷っていると、後ろで何やら美味しそうなものが揚がっているご様子。

仙厳園さつま揚げ


熱々のさつま揚げが実演販売されていました!
揚げたては本当に美味しいので、ガラスがなければこの場で1本買って食べたいくらいです。
他にもきんつばの実演販売があり、退屈しない雨宿りとなりました。

さつま揚げ薩摩きんつば実演販売


お土産屋さんの区画は仙厳園に入って右側に進むとあります。
食べ物だけでなく、鹿児島ならではのおみやげがたくさんあります。
お越しの際はお楽しみに。


最高の眺めを堪能しつつ鹿児島のグルメを

しばらくすると晴れてきたので、西郷徳利と一緒にレストランへ移動しました。

仙厳園レストラン松風軒


仙厳園のレストランは高台の上にあって眺めがとても良いので、桜島が一望できます。
屋内からこれだけ眺望がすばらしいところは、鹿児島市内でもなかなか無い気がします。
窓側に席が寄せてあるので、グルメを楽しみつつ眺めを堪能できますよ。

運悪く西郷徳利の席は桜島が柱で見えない位置だったのですが、それでもこんなに景色がキレイです。

仙厳園から錦江湾の眺め


うっかり奇蹟でも起こりそうな空でした。

眺めを楽しみつつ早速グルメを!ということで、狙っていた「鶏飯御膳」を頼むと、「予約限定です」という悲しいお返事・・・。
大河ドラマ「西郷どん」でも必ず出てくるであろう西郷の2番目の妻・愛加那が奄美大島出身で、鶏飯も奄美大島の郷土料理だったので紹介したかったのですが、奇蹟は起こりませんでした。
鶏飯を食べたい方は必ず予約してから行きましょう。とても美味しいですよ。

気を取り直して頼んだ「鹿児島産黒毛和牛 赤ワイン煮込み」にもフラれ(※まだお昼前)結局王道の「鹿児島産黒毛和牛・黒豚しゃぶしゃぶ膳」を注文しました。
どちらも1日10食限定です。



鹿児島産黒毛和牛・黒豚しゃぶしゃぶ膳

鹿児島産黒毛和牛・黒豚しゃぶしゃぶ膳

昨年2017年に、鹿児島黒牛が和牛オリンピックで1位を獲得した記念に鹿児島産黒毛和牛・黒豚を使ったメニューとなっています。

黒毛和牛・黒豚

お肉がきれいで美味しそう!早速いただきます!

黒豚しゃぶしゃぶ西郷徳利

西郷徳利「・・・・・」

仙厳園グルメ

黒豚も黒毛和牛もお肉が柔らかくてとっても美味しい!
お鍋が沸騰するまで小鉢などをつついていて気づいたのですが、多分これはすべて鹿児島の料理ではないのかな?
さつま揚げ、お芋の天ぷら(がね天)、オクラの和え物、お味噌汁はさつま汁、デザートは紫芋と安納芋のようかん。
お椀にも丸に十の字の島津氏のマークがあしらわれていて、こだわりをビシビシ感じます。
さすが代々のお殿様が過ごしてきた仙厳園。

仙厳園グルメ

とても美味しかったです。 料理と景色もよかったのですが、印象に残ったのは接客してくれるスタッフさんがとても感じがよかったこと。
気さくで丁寧で、楽しい食事となりました。


仙厳園は広すぎず狭すぎず、とても回りやすい庭園です。
観光バスもたくさんでているのでアクセスはばっちりですよ!


■次回 … #003 イプシロン



■仙厳園

・鹿児島県鹿児島市吉野町9700−1
・入場時間:午前8時30分〜午後5時30分
※観光客の方は、中央駅もしくはまち巡りバスが便利です。

 

前へ  |  次へ   | 一覧

 

カレンダー

<< 2018年2月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

タグ


RSS 1.0
RSS 2.0
Atom
ページの先頭へ